Amazon:スマイルSALE(5/31 9:00〜 6/23 23:59)

【Linux】Ubuntu 24.04 LTS (Noble Numbat)のインストールと日本語環境の設定

12 min

こんにちは。ナミレリです。

今回は、2024年4月にリリースされたUbuntu 24.04 LTS (Noble Numbat)を、M3 MacBook AirのParallels Desktop 19 for Macにインストールし、デスクトップとしてしっかり使えるようにしていきます。

M3 MacBook AirのParallels Desktop 19 for Macに問題なくインストールすることができ、Parallels Toolsもしっかり動作します。

M1/M2/M3のMacBookで、Parallels Desktop 19 for MacにUbuntu 24.04をインストールしたい方はぜひ参考にしてください。

この記事はこんな人にオススメ

  • M1/M2/M3のMacに、Parallels Desktop 19 for MacLinuxをインストールしたい
  • Ubuntu 24.04 LTS ARM版をインストールしたい
  • Ubuntu 24.04 サーバ版のインストール手順を知りたい
  • デスクトップ環境をインストールしたい
  • Ubuntu 24.04 ARM版が、Apple siliconのMac上のParallelsで動くか知りたい
  • Ubuntu24.04LTSの日本語入力をMac同様に英数・かなを使いたい!
  • Ubuntu24.04LTSで英数、かなキーを使って日本語入力したい!
この記事のMac環境
  • M3 MacBook Air 15インチ
  • macOS Sonoma 14.4.1
  • Parallels Desktop 19 for Mac バージョン 19.3.0 (54924)
  • Ubuntu Server 24.04 LTS for ARM
Parallels 19 for Macの無料トライアル もありますので、ぜひダウンロードして試してみてください。M1/M2/M3のMac上で快適にMacやUbuntu、Windowsが動作します。
NEW Parallels Desktop 19 for Mac

Parallels Desktop 19 for Macは、M1/M2/M3のMac上で快適にMacやUbuntu、Windowsが動作します。

14日間の無料トライアルもありますので、ぜひダウンロードして試してみてください。

Ubuntu Server 24.04 LTS for ARM版をダウンロード

Ubuntu 24.04 LTSのLTSはlong-term support(長期サポート)の略で、2029年4月までの5 年間、無料のセキュリティアップデートおよびメンテナンスアップデートが保証されています。

Parallels Desktop 19 for MacにインストールしたUbuntu 24.04 for ARM
Parallels Desktop 19 for MacにインストールしたUbuntu 24.04 for ARM

Ubuntu 24.04のARM版は、 デスクトップ版がなくServer版のISOをダウンロードしデスクトップをインストールしていきます。ここからダウンロードします

Ubuntu 24.04のダウンロード
Ubuntu 24.04のダウンロード

ubuntu-24.04-live-server-arm64.isoがダウンロードされます。ファイルサイズは約2.48GBです。

Amazonの読み放題・聴き放題

kindle unlimited 読み放題
200万冊以上が読み放題

Audible
12万以上の対象作品が聴き放題

Ubuntu 24.04 LTSをインストール

今回はParallels Desktop 19 for Macにインストールしますので、Parallels Desktop 19 for Macを立ち上げて、先程ダウンロードしたubuntu-24.04-live-server-arm64.isoを指定してインストールしていきます。

Parallels Desktop 19 for Macでインストール準備

イメージファイルからインストールを選択

Parallels Desktop 19 for Macでisoファイルを指定 1/3
Parallels Desktop 19 for Macでisoファイルを指定 1/3

続行を押して進めます

Parallels Desktop 19 for Macでisoファイルを指定 2/3
Parallels Desktop 19 for Macでisoファイルを指定 2/3

ダウンロードしたisoファイルを選択し続行を押して進めます

Parallels Desktop 19 for Macでisoファイルを指定 3/3
Parallels Desktop 19 for Macでisoファイルを指定 3/3

以下、Server版のインストール画面です。

GNU GRUBによるインストール画面

以下のインストール画面が起動します。Try or Intall Ubuntu Serverを選択しEnterを押します。

GNU GRUBによるインストール画面
GNU GRUBによるインストール画面

Select your languageの画面

言語を選択する画面です。矢印キーのを使ってEnglishを選択しEnterを押します。

Select your languageの画面
Select your languageの画面

Keyboard configurationの画面

キーボードのレイアウトを設定する画面です。デスクトップをインストールした後に日本語キーボードの設定を行うので、今回はEnglishのまま、Doneで次へ進みます。(Japaneseを選択したももちろんOKです)

Keyboard configurationの画面
Keyboard configurationの画面

Choose type of Installの画面

インストールタイプを選択する画面です。Ubuntu Serverが選択されていることを確認し、Doneで次に進みます。

Choose type of Installの画面
Choose type of Installの画面

Network Connectionsの画面

ネットワークの設定画面です。DHCP環境であれば問題なくクラスAのプライベートIPアドレスが取得できているはずなので、そのままDoneで次に進みます。

Network Connectionsの画面
Network Connectionsの画面
プライベートIPアドレスの補足
クラスプライベートIPアドレス範囲マスク
クラスA10.0.0.0 から 10.255.255.25510.0.0.0/8
クラスB172.16.0.0 から 172.31.255.255172.16.0.0/12
クラスC192.168.0.0 から 192.168.255.255192.168.0.0/16

Configure proxyの画面

プロキシサーバの設定画面です。プロキシは使わないのでそのままDoneで次に進みます。

Configure proxyの画面
Configure proxyの画面

Configure Ubuntu archive mirrorの画面

アーカイブミラーの設定画面です。そのままDoneで次に進みます。

Configure Ubuntu archive mirrorの画面
Configure Ubuntu archive mirrorの画面

Guided storage configurationの画面

ストレージの設定画面です。Use an entire diskにチェックがあることを確認して、そのままDoneで次に進みます。

Guided storage configurationの画面
Guided storage configurationの画面

Storage configurationの画面

より詳細なストレージの設定画面です。そのままDoneで次に進みます。

Storage configurationの画面
Storage configurationの画面

確認のメッセージが表示されるので、Continueで次に進みます。

Profile setupの画面

初期ユーザの設定を行う画面です。ユーザ名やパスワードなどを入力しDoneで次に進みます。

Profile setupの画面
Profile setupの画面

SSHのインストールの画面

SSHサーバをインストールするか設定する画面です。今回はMacBookから仮想マシンの24.04にSSHするので、sshdはインストールしておきます。

Install OpenSSH serverにチェックをしれて、Doneで次に進みます。

SSHのインストールの画面
SSHのインストールの画面

Featured Server Snansの画面

インストールするパッケージを選択しますが、インストールせずにDoneで次に進みます。

Featured Server Snansの画面
Featured Server Snansの画面

Installing systemの画面

インストールが開始しました。私の環境では10分程度でインストール完了しましたので気長に待ちます。

Install complete!の画面

インストールが完了した画面です。Reboot Nowを押して再起動します。

Install complete!の画面
Install complete!の画面

デスクトップ環境のインストール

再起動したら、CLIでログインします。デスクトップ環境をインストールするにはubuntu-desktopをインストールします。下のように一発でインストールが完了するので簡単・便利です。

まずはアップデート


sudo apt update
sudo apt upgrade

デスクトップ環境のインストール


sudo apt install ubuntu-desktop -y

デスクトップ環境のインストール
デスクトップ環境のインストール

私の環境で40分程度かかったと思います。結構時間かかります。インストールが完了したらsudo shutdown -r nowで再起動します。再起動後にGUIのログイン画面が表示されます。

インストール完了後、再起動する


sudo shutdown -r now

デスクトップ環境をインストールしてログインした画面

デスクトップ環境をインストールしてログインした画面
デスクトップ環境をインストールしてログインした画面

Parallels Toolsのインストール

仮想マシンのUbuntu 24.04 LTSにParallels Toolsをインストールします。

Parallels Toolsとは?

Parallels Toolsをインストールすると、仮想マシンとMacの間でシームレスにマウスを移動することができ、またウィンドウ サイズの変更で仮想マシンの画面解像度を変更することができます。加えて、仮想マシンとMac間で時刻の同期Macのディスクやフォルダの仮想マシンとの共有Mac OSと仮想マシン間でのテキストのコピーやオブジェクトのドロップも可能になります。

Parallels Toolsのインストール 1/3
Parallels Toolsのインストール 1/3
Parallels Toolsのインストール 2/3
Parallels Toolsのインストール 2/3
Parallels Toolsのインストール 3/3
Parallels Toolsのインストール 3/3

インストールは少し時間がかかります。完了後、再起動します。

Amazonの読み放題・聴き放題

kindle unlimited 読み放題
200万冊以上が読み放題

Audible
12万以上の対象作品が聴き放題

日本語環境の設定

日本語環境にするには、まず日本語そのものを使えるように追加する必要があります。次に追加した日本語を言語設定のデフォルトにする、という設定が必要です。手順を記載しますので参考にしてください。

[Settings]→[System]→[Region & Language]の順でRegion & Languageの設定を行います。

Systemの画面
Systemの画面

下図の通り、Manage Installed Languagesをクリックします。

Region & Languageの画面
Region & Languageの画面

Language Supportの画面で、下の通りInstall / Remove Languagesをクリックします。

Language Supportの画面
Language Supportの画面

Installed Languagesの画面で、Japaneseにチェックし、Applyをクリックします。

Installed Languagesの画面
Installed Languagesの画面

日本語環境に必要な各種ソフトウェアがインストールされます。

Applying changesの画面
Applying changesの画面

Language Supportの画面で、下の通りRegional Formatsタブをクリックします。

Language Supportの画面
Language Supportの画面

日本語を選択し、Apply System-Wideをクリックします。右下のCloseで一旦閉じます。

Language Supportの画面
Language Supportの画面

念のため、Settingsを一旦閉じて、再度Settingsを開きます。

再度、Settingsを開き、[System]→[Region & Language][Your Account]をクリックします。

Region & Languageの画面
Region & Languageの画面

Select Languageの画面で、日本語を選択します。

Select Languageの画面
Select Languageの画面

そして、ログアウトします。

Settingsの画面
Settingsの画面

ここでログオフし、再度ログインすると、日本語環境になっています。

ログイン後、以下のようにディレクト名を日本語で表示するかの確認があります。私は英語のディレクトリ名が良いので、[次回から表示しない]にチェックし、[古い名前のままにする]をクリックします。

Settingsを開いてみると、メニューも日本語になっています。

設定の画面
設定の画面

Firefoxで日本語ページも問題なく表示されました。

Firefoxで日本語表示を確認
Firefoxで日本語表示を確認

gnome-remote-desktopの停止

起動時やシャットダウン、再起動時のログでgnome-remote-desktopFaildとなっていてその度に起動や再起動に時間がかかりますので、今回はgnome-remote-desktopは使わないので停止します。

gnome-remote-desktopとは?

gnome-remote-desktopは、GNOMEデスクトップ環境の一部として提供されるリモートデスクトップサービスです。リモートデスクトップサービスは、ネットワーク経由で操作できるようにするもので、VNCやRDPを使ってアクセスすることができます。

今回は、Parallels Desktop 19 for Macで仮想環境にインストールしたUbuntuで特にリモートからデスクトップサービスにアクセスすることはないので停止します。

systemctlでステータスの確認


sudo systemctl status gnome-remote-desktop

× gnome-remote-desktop.service - GNOME Remote Desktop
     Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/gnome-remote-desktop.service; enabled; preset: enabled)
     Active: failed (Result: exit-code) since Mon 2024-04-29 22:42:42 JST; 13min ago
    Process: 1460 ExecStart=/usr/libexec/gnome-remote-desktop-daemon --system (code=exited, status=217/USER)
   Main PID: 1460 (code=exited, status=217/USER)
        CPU: 623us

systemctlでサービスを停止します


sudo systemctl stop gnome-remote-desktop

再起動してもgnome-remote-desktopが起動しないようにするには、以下のコマンドを実行します。

systemctlで無効にします


sudo systemctl disable gnome-remote-desktop
Removed "/etc/systemd/system/graphical.target.wants/gnome-remote-desktop.service".

pd-mapperの停止

続いて同じようにpd-mapperも停止します。

systemctlでステータスの確認


sudo systemctl status pd-mapper

× pd-mapper.service - Qualcomm PD mapper service
     Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/pd-mapper.service; enabled; preset: enabled)
     Active: failed (Result: exit-code) since Mon 2024-04-29 22:42:43 JST; 15min ago
   Duration: 17ms
   Main PID: 1477 (code=exited, status=1/FAILURE)
        CPU: 17ms

systemctlでサービスを停止します


sudo systemctl stop pd-mapper

再起動してもpd-mapperが起動しないようにするには、以下のコマンドを実行します。

systemctlで無効にします


sudo systemctl disable pd-mapper
Removed "/etc/systemd/system/multi-user.target.wants/pd-mapper.service".

systemd-networkd-wait-onlineの停止

続いて同じようにsystemd-networkd-wait-onlineも停止します。

systemd-networkd-wait-onlineとは?

systemd-networkd-wait-onlineは、systemdの一部でネットワークが完全にオンラインになるのを待つサービスです。主にシステム起動時に使用され、特定のネットワーク条件が満たされるまで他のプロセスの開始を遅らせ、ネットワーク依存のサービスを正しく機能させるために有効なサービスです。

今回は、Parallels Desktop 19 for Macで仮想環境にインストールしたUbuntuでは、クリティカルな運用はしませんので停止します。

systemctlでステータスの確認


sudo systemctl status systemd-networkd-wait-online

× systemd-networkd-wait-online.service - Wait for Network to be Configured
     Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/systemd-networkd-wait-online.service; enabled; preset: enabled)
     Active: failed (Result: exit-code) since Mon 2024-04-29 23:03:54 JST; 1min 35s ago
       Docs: man:systemd-networkd-wait-online.service(8)
    Process: 932 ExecStart=/usr/lib/systemd/systemd-networkd-wait-online (code=exited, status=1/FAILURE)
   Main PID: 932 (code=exited, status=1/FAILURE)
        CPU: 4ms

systemctlでサービスを停止します


sudo systemctl stop systemd-networkd-wait-online

再起動してもsystemd-networkd-wait-onlineが起動しないようにするには、以下のコマンドを実行します。

systemctlで無効にします


sudo systemctl disable systemd-networkd-wait-online
Removed "/etc/systemd/system/network-online.target.wants/systemd-networkd-wait-online.service".

日本語入力の設定

私の環境のUbuntu 24.04(Wayland環境)のMozcで、Mac同様に英数かなを使って日本語入力を切り替えることができましたので紹介していきます。参考にしてください。

X Window Systemの確認

以下のコマンドで現在のX Window Systemが確認できます。(XorgかWaylandのどちらで動いているか確認できます)


echo $XDG_SESSION_TYPE
wayland
# Waylandで動いている

キーボードレイアウトの設定

以下のコマンドでキーボードのレイアウトをjpに変更し、日本語入力にはmozc-jpを利用するようにします。


gsettings set org.gnome.desktop.input-sources sources "[('xkb', 'jp'), ('ibus', 'mozc-jp')]"

gsettingsコマンドについて

gsettingsコマンドは、GNOME デスクトップ環境の設定を変更するために使用します。上記のコマンドで、GNOMEセッション内で使用されるキーボード入力ソース(キーボードレイアウトや入力メソッド)を設定しています。

Waylandをディスプレイサーバーとして使用する場合、dpkg-reconfigure keyboard-configurationによるキーボードレイアウトの設定が反映されないため、gsettingsコマンドで設定しています。

ここで一旦、再起動します。


sudo shutdown -r now

これで、キーボードレイアウトは日本語レイアウトになりました。:@など入力して、日本語レイアウトになっているか確認します。

次は、英数かなを使って日本語のオン・オフを切り替えます。

MozcによるIMEの設定

xev英数かながどのように認識されているか認識名とキーコードを確認し、Mozcを設定していきます。

xenvで英数かなの認識名を確認する

xenvを起動し、英数かなを押して、認識されているか認識名とキーコードを確認します。


xev

xenvで英数とかなの認識名を確認する
xenvで英数かなの認識名を確認する

キーコードの認識名のまとめ

M3 MacBook AirのParallels Desktop 19 for Mac上での、Ubuntu 24.04の認識は以下の通りでした。

キーxevでの認識Mozcの設定
英数102 MuhenkanMozcの設定でIMEを無効化する
かな101 Hiragana_KatakanaMozcの設定でIMEを有効化する
キーコードの認識名のまとめ

では、Mozcの設定をしていきます。

Mozcの設定

右上のメニューから、日本語(Mozc)を選択し、[ツール]→[プロパティ]をクリックします。

Mozcのプロパティが表示されるのでキー設定の選択の「編集」をクリックします。

Mozcプロパティの編集をクリック
Mozcプロパティの編集をクリック

ヘッダーの入力キーをクリックすると名前でソートされます。Muhenkanを探しコマンド列をクリックしてIMEを無効化を選択します。

Mozcキー設定「Muhenkan」:変更後
Mozcキー設定「Muhenkan」:変更後

同じようにHiraganaを探しコマンド列をクリックしてIMEを有効化を選択します。

Mozcキー設定「Hiragana」:変更後
Mozcキー設定「Hiragana」:変更後

OKと適用をクリックして、最後に再起動します。


sudo shutdown -r now

これでMac同様に英数、かなキーを使って日本語入力することができるようになりました。

バージョンの確認

Ubuntu 24.04 LTSの様々なバージョン情報を見てみましょう。

カーネルのバージョンを表示


uname -r
6.8.0-31-generic

OS情報を表示


cat /etc/os-release
PRETTY_NAME="Ubuntu 24.04 LTS"
NAME="Ubuntu"
VERSION_ID="24.04"
VERSION="24.04 LTS (Noble Numbat)"
VERSION_CODENAME=noble
ID=ubuntu
ID_LIKE=debian
HOME_URL="https://www.ubuntu.com/"
SUPPORT_URL="https://help.ubuntu.com/"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.launchpad.net/ubuntu/"
PRIVACY_POLICY_URL="https://www.ubuntu.com/legal/terms-and-policies/privacy-policy"
UBUNTU_CODENAME=noble
LOGO=ubuntu-logo

OS情報を表示


cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=24.04
DISTRIB_CODENAME=noble
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 24.04 LTS"

GNOMEのバージョン

[設定]→[システム]→[About]→[System Details]で確認することができます。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。【Linux】Ubuntu 24.04 LTS (Noble Numbat)のインストールと日本語環境の設定はいかがでしたでしょうか。

ARM版のデスクトップは用意されておらず、Server版をインストールしてデスクトップ環境を構築しますが、簡単にできますね。Ubuntu 24.04もParallels Desktop 19 for Macで動作します。

定番おすすめ記事

カテゴリー:
関連記事