Amazon:スマイルSALE(5/31 9:00〜 6/23 23:59)

【Linux】Intel MacBookにUbuntu23.10をインストールする

7 min

今回は2023年10月12日(現地時間)にリリースされた、Ubuntu23.10をIntel MacBookやParallels Desktop 19 for Macにインストールします。

Ubuntu 23.10は10月12日の公開後に、デスクトップ版の新インストーラーに悪意のある翻訳が見つかり公開が取り消され、旧インストーラーを使ったデスクトップ版のダウンロードが可能となっていました。

そして、10月17日にこの翻訳の問題が修正されたバージョンがダウンロード可能となりました。

Ubuntu公式:https://ubuntu.com/download/desktop

Ubuntu 24.04 LTS (Noble Numbat)の記事

Ubuntu24.04やParallels Desktop for Macの場合はUbuntu 24.04用の記事もご覧ください。

GNOME、Wayland環境で、Mac同様に英数・かなを使って日本語入力するまでを紹介しています。

この記事(シリーズ)はこんな人にオススメ

  • 古いMacbookをLinuxで蘇らせたい!
  • 最新のUbuntu 23.10を試したい
  • Parallels Desktop 19 for Mac仮想環境にUbuntuをインストールしたい
  • Ubuntuを普通に使えるデスクトップとして設定したい
この記事の環境

今回は下の4つの環境にUbuntu 23.10をインストールし設定しました。

MacBook Air (13-inch, Mid 2009)
  • MacBook Air (Mid 2009)
  • 2.13GHz Intel Core 2 Duoプロセッサ
  • 2GB 1066MHz DDR3 SDRAMオンボードメモリ
  • 128GB(SSD)
  • Wi-Fiは問題なく認識
MacBook Air (13-inch, Mid 2012) 
  • MacBook Air (13-inch, Mid 2012)
  • 1.8GHzデュアルコアIntel Core i5
  • 4GB 1,600MHz DDR3Lオンボードメモリ
  • 256GB(SSD)
  • Wi-Fiは問題なく認識
MacBook Pro (14-inch, 2021)
MacBook Air (M2, 2022)
Parallels 19 for Macの無料トライアル もありますので、ぜひダウンロードして試してみてください。M1/M2/M3のMac上で快適にMacやUbuntu、Windowsが動作します。
NEW Parallels Desktop 19 for Mac

Parallels Desktop 19 for Macは、M1/M2/M3のMac上で快適にMacやUbuntu、Windowsが動作します。

14日間の無料トライアルもありますので、ぜひダウンロードして試してみてください。

はじめに

Ubuntu 23.10(コードネーム「Mantic Minotaur」)は、9か月間、セキュリティアップデートおよびメンテナンスアップデートが提供されます。

長期のセキュリティアップデートやメンテナンスアップデートが必要な場合は、LTS(long-term support:5年間の長期サポート)である、 22.04.3 LTSを利用することもできます。

では、早速、Ubuntu 23.10のISOをダウンロードしていきましょう。

Amazonの読み放題・聴き放題

kindle unlimited 読み放題
200万冊以上が読み放題

Audible
12万以上の対象作品が聴き放題

ISOファイルのダウンロードとインストールディスクの作成

Ubuntu 23.10のISOファイルをダウンロードしてUSBメモリに書き込んでインストールディスクを作成します。今回はMacbookにISOファイルをダウンロードして、diskutilコマンドでUSBメモリをフォーマットし、ddコマンドでUSBメモリに書き込む方法を紹介します。

Ubuntu 23.10のISOファイルをダウンロードする

普段使っているMacで(私の場合はM1 MacBook Pro 14インチで)ISOファイルを下記URLからダウンロードします。

arm64版のISOをダウンロードする

Apple silicon(M1やM2)MacにParallels Desktop 19 for Macを使って、Ubuntuをインストールする場合は、arm64版をダウンロードします。arm64版のISOはServer用のインストールイメージしかありませんが、Desktop環境を後からインストールすることができます。

arm64版https://cdimage.ubuntu.com/releases/23.10/release/

ファイル名:ubuntu-23.10-live-server-arm64.iso

arm64版のダウンロード
Apple silicon(M1やM2)はarm64版をダウンロード

amd64版のISOをダウンロードする

Intel版の古いMacBookなどにUbuntuをインストールする場合は、amd64版をダウンロードします。

amd64版https://ubuntu.com/download/desktop

ファイル名:ubuntu-23.10.1-desktop-amd64.iso

amd64版のダウンロード
Intel版の古いMacbookにはamd64版をダウンロード

以前のインストーラーを使ったLegacy Desktop installerとして、ubuntu-23.10-desktop-legacy-amd64.isoもダウンロードすることができます。

私はMacBook Air (13-inch, Mid 2012)で、Ubuntu 23.10の通常インストーラー版とLegacy Desktop installer版を試しましたが、通常版ではインストール中にsystem program problem detectedが発生してインストールが止まりました(10月21日現在)Legacy Desktop installer版では問題なくインストールできました。

USBメモリに書き込んでインストールディスクを作成する

今回は、MacBookでdiskutilコマンドでUSBメモリをフォーマットし、ddコマンドでUSBメモリに書き込みます。

その他の方法として、balenaEtcherを使った方法も簡単でおすすめです。balenaEtcherは簡単なステップでISOファイルからインストールディスクを作成できるソフトです。

USBメモリについては、Type-CとType-Aの両方のコネクタを備えた、SanDiskのUSBメモリーがおすすめです。

おすすめのUSBメモリ

私が使ったUSBメモリを記載します。Type-CとType-Aの両方のコネクタのあるUSBメモリで、最新のMacbookのType-Cにもさせますし、2012の古いMacbook AirのType-Aにもさすことができる優れものです。側面のスライダーを両サイドに動かすしType-CとType-Aを切り替えることができます。新旧のMacbookで使えることがポイントです。

【128GB】 SanDisk サンディスク USBメモリー USB3.1対応
Type-C & Type-Aデュアルコネクタ搭載 

USBメモリをフォーマットする

Intel版の古いMacBookなどにUbuntuをインストールするには、インストールディスクを作成する必要があります。今回はdiskutilコマンドでUSBメモリをフォーマットしでインストールディスクを作成します。

diskutilコマンドはmacOSでディスク関連の操作を行うためのコマンドラインツールで、ディスクのフォーマット、パーティションの操作、ディスクの修復などを行うことができるコマンドです。

SanDiskのUSBメモリーをMacbookにさしてターミナルからdiskutil listを入力します。

diskutil listはシステム上の全てのディスクとそのパーティション情報を一覧表示します。


diskutil list

external, physicalと表示されたディスクの項目がUSBメモリーのディスク情報です。

ここでは/dev/disk4となっているのがわかります。


/dev/disk4 (external, physical):
 #:                   TYPE NAME           SIZE       IDENTIFIER
 0:  GUID_partition_scheme               *123.1 GB   disk4
 1:                    EFI EFI            209.7 MB   disk4s1
 2:  Microsoft Basic Data SUNDISK         122.8 GB   disk4s2

以下のコマンドで/dev/disk4を、FAT32で名前をSunDiskとしてフォーマットします。

フォーマットする/dev/disk番号を間違えないように注意してください。


sudo diskutil eraseDisk FAT32 "SunDisk" /dev/disk4

下のようにターミナルに出力されます。最後の出力のFinished erase on disk4を確認します。


Password:
Started erase on disk4
Unmounting disk
Creating the partition map
Waiting for partitions to activate
Formatting disk4s2 as MS-DOS (FAT32) with name SunDisk
512 bytes per physical sector
/dev/rdisk4s2: 239880960 sectors in 3748140 FAT32 clusters (32768 bytes/cluster)
bps=512 spc=64 res=32 nft=2 mid=0xf8 spt=32 hds=255 hid=411648 drv=0x80 bsec=239939584 bspf=29283 rdcl=2 infs=1 bkbs=6
Mounting disk
Finished erase on disk4

以下のコマンドで、アンマウントします。


diskutil unmountDisk /dev/disk4

下のようにアンマウントが成功していることを確認します。


Unmount of all volumes on disk4 was successful

USBメモリにISOを書き込む

ISOをダウンロードしたディレクトリに移動して、下のようにddコマンドでUSBメモリに書き込みます。

ddコマンドは非常に強力なため、間違ったデバイスやファイルを指定すると、データが損失してしまう可能性があります。注意しておこなってください。


cd ~/Downloads


sudo dd if=ubuntu-23.10.1-desktop-amd64.iso of=/dev/rdisk4 bs=1m

if (input file)で入力として使用するISOファイルを指定します。
bs(block size)は一度に読み書きするデータのサイズです。USBメモリに書き込む場合、通常は1mを指定します。

/dev/rdisk4はUSBディスクの識別子ですが、rをプレフィックスとして付加しています。rはRawデバイスアクセスを意味し、書き込み速度が高速化します。

ddコマンドで書き込み中は何も表示されませんが、ctrl + tを押すとその時の進捗が表示されます。最新の状態を確認したい場合は、都度ctrl + tを押して確認します。

無事に書き込みが終了したら、念のためdiskutil ejectし、USBメモリを抜きます。


diskutil eject /dev/disk4

おすすめのUSBメモリ

私が使ったUSBメモリを記載します。Type-CとType-Aの両方のコネクタのあるUSBメモリで、最新のMacbookのType-Cにもさせますし、2012の古いMacbook AirのType-Aにもさすことができる優れものです。側面のスライダーを両サイドに動かすしType-CとType-Aを切り替えることができます。新旧のMacbookで使えることがポイントです。

【128GB】 SanDisk サンディスク USBメモリー USB3.1対応
Type-C & Type-Aデュアルコネクタ搭載 

Amazonの読み放題・聴き放題

kindle unlimited 読み放題
200万冊以上が読み放題

Audible
12万以上の対象作品が聴き放題

Ubuntu 23.10のインストール

今回は、MacBook Air (13-inch, Mid 2012)にインストールしましたのでその方法を紹介します。

上で作成したUSBのインストールディスクを、電源OFFのMacBook Air (13-inch, Mid 2012)のUSB端子(Type-A)にさして、optionキーを押しながら電源をONにします。

起動ドライブが表示されるので、EFI bootを選択し進みます。Ubuntuのロゴが表示されるので、そのまま辛抱強く待ちます。

下に紹介するのは、Ubuntu 23.10からの新インストーラーのインストール遷移です。

私はMacBook Air (13-inch, Mid 2012)で、Ubuntu 23.10の通常インストーラー版とLegacy Desktop installer版を試しましたが、通常版ではインストール中にsystem program problem detectedが発生してインストールが止まりました(10月21日現在)Legacy Desktop installer版では問題なくインストールできました。

  1. STEP

    Welcome to Ubuntu:日本語を選択してNextをクリック

    下の言語が並んでいる中から日本語を選択し、右下の「Next」をクリック。

  2. STEP

    ubuntuをインストールを選択してNextをクリック

  3. STEP

    キーボードレイアウト:日本語を選択してNextをクリック

    デフォルトで日本語が選択されているはずです。

  4. STEP

    ネットワークに接続:Wi-Fiネットワークに接続するを選択

    「Wi-Fiネットワークに接続する」を選択した後に、Wi-Fi一覧が表示されるので、パスワードを入力し接続し、Nextをクリックします。

    接続できない場合は、Previousで戻ってもう一度接続してみてください。

  5. STEP

    アプリケーションとアップデート:Default installationを選択してNextをクリック

    その他のオプションの2つは、必要に応じてチェックします。わからない場合は2つにチェックして進めても問題ありません。

  6. STEP

    インストール方法を選択:ディスクを削除してUbuntuをインストール

    この選択でmacOSそのものやデータは完全に消去されますので必要なデータのバックアップは適宜しておいてください。

    デュアルブートはしないので「ディスクを削除してUbuntuをインストール」をチェックしてNextをクリックします。

  7. STEP

    インストールの準備完了:インストールをクリックします。

  8. STEP

    タイムゾーン:Asia/Tokyo

    ネットワークに接続されていれば地域は自動で選択されます。今回はAsia/TokyoになっていますのでNextをクリック。

  9. STEP

    アカウントの設定:ログインアカウントを作成

    ネットワークに表示される名前とコンピュータの名前を入力するように求められます。最後に、ログインに必要なユーザー名とパスワードを入力します。

    ログイン時にパスワードを要求するかはオンのままでNextをクリック。

  10. STEP

    テーマを選択:暗いを選択し、カラーはグリーンを選択しNextをクリック

    テーマの外観やカラーはインストール後にいつでも変更可能です。

  11. STEP

    インストール画面:待つ!

    バックグラウンドでインストールされつつ、Ubuntuの説明スライドショーが流れます。

  12. STEP

    インストールが完了しました画面:「今すぐ再起動」をクリック

    「今すぐ再起動」をクリックします。再起動すると、USBメモリをデバイスから取り外すように求められます。USBメモリを取り外し、Enterキーを押します

  13. STEP

    ログイン画面:

    再起動後、無事にログイン画面が表示されます。作成したログインアカウントとパスワードを入力しログインします。

インストール後の設定

インストール後の設定については、以下の記事で詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。今回のUbuntu 23.10のインストールはいかがでしたでしょうか。普段はMacを使っていますが、Parallels Desktop 19 for MacにUbuntuを入れていろんな設定を試して環境構築するのも楽しいです。

Ubuntu 24.04 LTS (Noble Numbat)の記事

Ubuntu24.04やParallels Desktop for Macの場合はUbuntu 24.04用の記事もご覧ください。

GNOME、Wayland環境で、Mac同様に英数・かなを使って日本語入力するまでを紹介しています。

MacやLinux、Pythonなど技術系のkindle本も豊富にあります。詳しくはこちらから。

初めてkindle unlimited 読み放題をご利用の方は30日間の無料で体験できます。
期間終了後は月額980円で、いつでもキャンセルできます。
200万冊以上が読み放題。お好きな端末で利用可能です。

定番おすすめ記事

カテゴリー:
関連記事